トライアスロン初心者トレーニングブログ

トライアスロン初心者トレーニングブログ

オリンピックディスタンス

トライアスロン初参加、オリンピックディスタンスの目標&平均タイムは?

投稿日:

こんにちは。Yutakaです。

昨日、アブローラーで腹筋トレーニングをしたので、今日は腹筋が崩壊してます。汗

笑うだけで腹筋が筋肉痛で痛い・・・というか、別に何もしていなくても腹筋がビキビキいってます。

腹筋のトレーニング方法はいろいろありますが、個人的には「アブローラー最強!」だと思ってます。

バッキバキに割れたシックスパックの腹筋をつくるには、やっぱりアブローラーでしょ!?笑

いや、まあ、トライアスロンをするのに腹筋がそこまで重要ということではないと思うんですが、水着になったときにかっこいい腹筋が欲しい、という単純な動機です♪

あと、アブローラーだと家の中でコロコロと簡単に腹筋トレーニングできるので、気が向いたときにサクッとできるのがうれしいですね。

アブローラー、興味がある人はぜひやってみてください。ただし、次の日は腹筋崩壊してしまうのでご注意を。

前置きが長くなってしまいましたが、今回は「オリンピックディスタンス(ショート)の平均タイム・目標タイム」についてポイントをまとめてみたいと思います。

トライアスロン初心者の方の参考になればうれしいです。

トライアスロン初心者はオリンピックディスタンス完走を目標に

トライアスロンというと、距離別に複数の種類があるのですが、一般的には「オリンピックディスタンス(ショート)」のことを意味することが多いです。

日本国内でも、トライアスロンの名称の大会のほとんどは「オリンピックディスタンス(ショート)」の大会です。

オリンピックにも採用されていることから、ショートのトライアスロンは「オリンピックディスタンス」と呼ばれ、それぞれの距離は、

・スイム1.5km
・バイク40km
・ラン10km
となっています。

スイム、バイク、ランの総合計距離から「51.5」と表記されることも。

国内でも一番数が多い大会ですし、難易度&距離的にも、初心者にとってはチャレンジしやすいのが「オリンピックディスタンス(ショート)」のトライアスロン大会といえます。

なので、これからトライアスロンを始めたい!という初心者さんは、まずはこのオリンピックディスタンスを完走することを目標にするといいと思います。

僕自身も、一番最初にエントリーした大会は、オリンピック(ショート)ディスタンスのトライアスロン大会でした。

オリンピックディスタンスの初心者の平均タイムは?

トライアスロン初心者にとっては「オリンピックディスタンスを完走する」というのが、まず最初の目標になると思いますが、完走できれば次は良いタイムを目指したくなるのが世の常です。笑

じゃ、オリンピックディスタンスのトライアスロン大会は、どれくらいのタイムが平均的なのか、目標にすればいいのでしょうか?

一般参の男性の場合だと、オリンピックディスタンスの平均タイムは3時間前後だと思います。

各種目での内訳はだいたい次のような感じですね。

・スイム35分
・トランジット3分
・バイク1時間20分
・トランジット3分
・ラン1時間

男性と比べると女性の場合は、オリンピックディスタンスのトライアスロン大会は3時間15分〜20分くらいが平均タイムになると思います。

・スイム40分
・トランジット4分
・バイク1時間25分
・トランジット3分
・ラン1時間5分

僕の体験談「初参加のトライアスロン大会のタイム」

スイム・バイク・ラン、各種目のタイムは人によってどれが得意種目なのかで前後するものなので、先ほどのタイムはあくまでも目安です。

例えば僕の場合だと、スイムは比較的得意で、ランが苦手なので、初めてのトライアスロン大会のタイムは、

・スイム30分
・バイク1時間16分
・ラン1時間
でした。

そこにトランジット7分を足して「2時間53分での完走」が初成績です。

一応、よく言われるトライアスロン初心者の目標タイムの3時間をなんとか切れたので、無事目標達成といった感じですが、大会当日は最後のランとかへばりまくってました。汗

たった10kmのランですが、スイムとバイクの後なので、想像以上に足が疲れていてかなりキツかったです。

タイムのことよりも、なんとか初トライアスロンを完走しよう!という気持ちでゴールまでたどり着いた、というのが正直な感想です。

さいごに

というわけで、オリンピック(ショート)ディスタンスのおトライアスロンでは、一般男性の場合だと3時間くらい、女性で3時間20分くらいが平均&目標になってくると思います。

それよりもまずは「リタイアせずに完走!」が第一目標ですよね。

初参加のトライアスロン大会は、あまりタイムのことに気を取られずに、怪我なくトラブルなく完走することを目標にチャレンジしてみてくださいね。

-オリンピックディスタンス
-, ,

Copyright© トライアスロン初心者トレーニングブログ , 2022 All Rights Reserved.