トライアスロン初心者トレーニングブログ

トライアスロン初心者トレーニングブログ

基礎知識

トライアスロンを始めたい!年齢は?エイジとはどういう意味?【基礎知識】

投稿日:

こんにちは。Yutakaです。

昨夜、勢いあまって、自宅にチンニングバー(懸垂バー)をつけてしまいました。笑

自宅トレで懸垂をしようと思おうと、ぶら下がり健康機みたいな懸垂バーを購入するのが一般的なのですが、正直いうと置く場所がない!というかデカイので邪魔になる。

でも、家で懸垂トレをしたい、と前々から思っていたのですが、昨日ふと「ええい!家の中にチンニングバーをつけてやる!」と思い立ち、勢いでつけてしまいました。

家にあるガラクタをかき集めて、足りない物はホームセンターで購入。かかった費用は600円程度でした。我ながら頑張りました♪笑

さて今回は、トライアスロンを始めたい!年齢に不安があるけど大丈夫?という人向けに、そして「エイジとはなんの意味?」と、年齢を中心テーマにブログ記事を書いてみたいと思います。

トライアスロンでの「エイジ」の意味とは?

トライアスロンを始めたい!大会に出てみたい!という初心者の方って、いろいろとネットで検索して調べるのが普通だと思います。

僕も、初めてトライアスロン大会にエントリーしよう!と思った時は、いろいろネットで調べました。何が必要?どんなトレーニングをすればいい?エントリーの方法や費用は?など、調べることがいっぱいありました。

で、その中で「エイジ」とか「エイジグループ」という普段聞きなれない言葉が出てきますよね。今回はその「エイジとは?」について、僕なりにポイントをまとめてみたいと思います。

「エイジ」は英語の「age」のことで、日本語に直訳すると「年齢」の意味の単語ですね。

トライアスロンでは、エイジグループとかエイジと呼ぶのですが、年代別に区分けされているんです。

JTU(日本トライアスロン連合)でのエイジグループの分け方は、

・24歳以下
・25〜29歳
・30〜34歳
・35〜39歳
・40〜44歳
・45〜49歳
・50〜54歳
・55〜59歳
・60〜64歳
・65〜69歳
・70〜74歳
・75〜79歳
・80〜84歳

というように5歳刻みでグループ分けされています。

トライアスロン大会に出場すると、自動的に年齢でグループ分けされ、そのエイジグループので順位・タイムを競うわけです。

20歳の若者と50歳のおじさんがガチンコで競うわけではなく、おじさんはおじさん同士で競うわけですね。笑

あと、男性と女性ももちろん分かれています。

レース当日は、若いエイジグループからスタートしていくのが一般的です。早いであろう人たちからスタートすれば、抜く割合が減るので安全面でも安心ですね。

エイジとエリート、何が違う?

ちなみに、トライアスロンには「エイジ」と「エリート」ってものがあります。この辺も初心者には難しいんですよね。正直言ってよくわからない、わかりにくいんです。

で、ずばり簡単に言うとすれば、「エリート」はオリンピック代表を目指すガチ本気の人たち、「エイジ」はアマチュア・一般参加の人たち、だと思ってください。

僕みたいな社会人トライアスリートは、もちろん一般参加なので「エイジ」です。

大きなマラソン大会とかでも実業団とかのトップレベルの人たちが先に走って、そのあと少し時間をあけて一般参加ランナーが走る、みたいなシステムになってますよね。

あれと同じで、トライアスロンの大会でも、エリートグループだけが先にスタートして、アマチュア一般参加のエイジグループの僕たちは邪魔にならないように遅れてスタートする、というようになっています。

トライアスロンを始めたい!年齢が不安だけど大丈夫?

さて次は、トライアスロンを始めたい!と思ったけど、年齢が不安で大丈夫かな?と不安を抱いている社会人の人も少なくないと思います(僕みたいな人たちのことですね)。

「エイジグループ」は年代別に5歳刻みでグループ分けされている。で、そのエイジグループの中でタイムや順位を競う、と。

ま、それはわかったんだけど、やっぱり自分の年齢が気になって不安が・・・って感じるのはごく自然な反応だと思います。

僕も一番最初はビビリまくりでしたから。笑

一般参加の僕たちみたいなアマチュアと、エリートの人たちは完全に別世界なので、エリートは別の話として。

トライアスロン人口のなかで、一番多いエイジグループ(年齢層)は、40歳代から50歳代と言われています。意外と高くてびっくりしました。

トライアスロンというと、体力的にかなりきついスポーツなので、20歳代から30歳前半が多いのかな、と思いきや、イメージとはまったくの逆でした。

なので、あなたが年齢のことを不安に思ったり、心配しているのであれば、「全然心配しなくても大丈夫」と言いたいです。

ちなみに、トライアスロン界では超がつく有名人ですが、世界最高齢のアイアンマンチャンンピオンは、実は日本人で85歳です。超人です。アンビリバボーです。

でも、その超人の85歳の方は、トライアスロンを始めたのは60歳だった、という話。年齢なんて理由にならないんだなーと、いうことなんです。

僕なんてまだまだヒヨッコ。笑

トライアスロンを始めたい!年齢は?エイジとはどういう意味?【基礎知識】のまとめ

というわけで、トライアスロンでの「エイジ(グループ)」は、一般参加のアマチュアのことで5歳刻みに分けられた年齢別グループのことです。

で、そのエイジグループ、自分の年齢層の人たち大会では競うということですね。そういっても、トライアスロンは結局自分との戦いだと僕は思います。

誰かと競うという感覚が薄くて、自分との戦いという感覚がほとんどすべてです。

そういうこともあって、トライアスロン仲間って、ともに戦う仲間・チームって感じが強いように感じます。

アイアンマンも「完走したらみんなアイアンマン」って言いますよね。

本当にトライアスロンって素晴らしいスポーツだと思います(めちゃくちゃしんどいけど笑)。

さて、明日もトレーニング頑張りましょう!
明日はラントレの日です♪

-基礎知識
-,

Copyright© トライアスロン初心者トレーニングブログ , 2022 All Rights Reserved.